造水技術資料集

「河川水循環系における水活用技術(造水技術)のQ&A集」及び「河川を中心とした水循環系技術マップ」の無料配布 


 造水促進センターでは、造水技術の普及啓発活動として(財)河川環境管理財団から河川整備基金の助成を受けて、「河川水循環系における水活用技術(造水技術)のQ&A集」、「河川を中心とした水循環系技術マップ」を作成いたしました。つきましては、これらを無料で配布いたしますので、ご希望の方は、事務局へお申し込み下さい。(但し、送料は着払いで有料となります。)
 なお、数に限りがありますので、先着順でお1人様各1点とさせていただき、無くなり次第終了とさていただきますのでご了承下さい。

資料1.河川水循環系における水活用技術(造水技術)のQ&A(CD-R)
 このQ&A集は、水環境、農業と水環境、地下水、河川、工場排水の5分野における汚染、水循環、それらの造水技術に関してのQを選び50テーマに関するQ&A集として、河川を中心とした水循環系に関して全体像を理解できるような意図のもとにわかりやすい資料としています。

資料2.「河川を中心とした水循環系技術マップ」
  この技術マップは、河川を中心とした水循環系について、できるだけ見やすくわかりやいことを念頭に、水循環、河川、下水、地下水などについて11テーマを決め作成しました。
 また、最新造水技術、海外における事例も取り入れ、河川を中心とした汚染とその処理技術に関して、全体像がイメージしやすいカラーマップになっており、関心をもっていただけるような資料になっています。

◇申込方法:住所、氏名、所属(個人の場合は不要)、連絡先、資料番号を記載の上、メール、又はFAXでお申し込み下さい。

◇申込先及び問い合わせ先〒103-0003
  東京都中央区日本橋横山町4番5号(福田ビル4階) 一般財団法人造水促進センター 総  

務部総務課 電話:03-5644-7565、FAX:03-5644-0686

「膜と水処理技術用語集」及び「造水技術に関する事例集」を無料配布
  
  造水促進センターでは、造水技術の普及啓発活動として(財)河川環境管理財団から河川整備基金の助成を受けて、“造水技術に関する「膜と水処理用語集」”、“「造水技術に関する研究開発及び調査等の事例集」”を作成いたしました。
  つきましては、これらを無料で配布いたしますので、ご希望の方は、事務局へお申し込み下さい。(但し、送料は着払いで有料となります。)
  なお、数に限りがありますので、先着順でお1人様各1点とさせていただき、無くなり次第終了とさていただきますのでご了承下さい。

資料1.造水技術に関する「膜と水処理用語集」(CD-R付)
 この用語集は、膜と水処理技術に関して約450の用語について、図、式などを入れて説明しています。さらに重要と思われる膜分離技術の25、水処理技術の25に関して詳細な解説分離技術、生物処理、物理化学的処理などを網羅しています。
資料2.「造水技術に関する研究開発及び調査等の事例集」(CD-R付)
  この事例集は、本財団がこれまでに実施してきた国内外の主な35件の技術開発事業のほか、33件の国内における造水関連調査、15件の海外における造水関連調査、13件の造水技術シンポジウム・講演会の内容をまとめています。技術分野は、海水の淡水化、工場排水の再生利用などであり、膜分離技術、生物処理、物理化学的処理などを網羅しています。

◇申込方法:住所、氏名、所属(個人の場合は不要)、連絡先、資料番号を記載の上、メール、又はFAXでお申し込み下さい。

◇申込先及び問い合わせ先
〒103-0003:東京都中央区日本橋横山町4番5号(福田ビル4階)
  一般財団法人造水促進センター 総務部総務課
  電話:03-5644-7565、FAX:03-5644-0686
  Email:zosui@wrpc.jp